読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せめてものグッバイ

問題解決のヒントを心理学で探るブログ

会社を辞めたい新入社員の君へ

実は私、新卒での入社式の翌日に別の会社に宛てて履歴書を送ったことがあります。。。

 

「あなたはもはや新卒ではないのでウチでは受け付けません」ということで玉砕でしたけど、今となってはいい思い出です。笑

 

うすうす感じてはいたのですが、周囲とのノリが合わなすぎてつらかったことと、会社全体がバブルの残り香を感じさせる勘違いな雰囲気だったので、ちょっとこの会社では無理だなぁと直感したんです。

 

就職活動時の会社説明会がライブハウスでイケイケだった時点でやめておけばよかったんですけどね。。。

 

というわけで、その会社に入社してしまったものの入社式で早速辞めたくなってしまったわけです。

 

その後、いい先輩たちに囲まれて職場環境としては恵まれていたこともあって、結果的に三年間その会社に勤めることになりました。

 

そんな私が、出社して数日、すでに会社を辞めたくなった新入社員に向けて伝えたいことがあります。

 

それは、「会社に対して譲れないことをひとつだけ決めて、それがなくなるまではちょっと頑張ってみたら?」ということです。

 

大学時代の同級生に話を聞くと、すごく楽しそうな仕事内容なのになぜかみんな悩んでるんですよね。

 

仕事内容だけじゃなくて、自分の会社に比べたら福利厚生もしっかりしてるし、給料も高い。それなのにみんな悩んでるんです。

 

「仕事に飽きた」とか「こんなくだらねー会社辞めたい」とか「上司と合わない」とか。みんなが抱えている悩みなんて、だいたいそんなところです。

 

要するに、どこの会社に行っても、どんな仕事をしてたとしても、結局は悩むことになるんですよね。

 

ここじゃない、ここじゃないと居場所を探しながら会社を転々とするのはつらいものです。

 

だからこそ、自分の中でルールをつくって仕事をするんです。

 

あなたが仕事に求めるもの、どうしても譲れないものをひとつだけ決めてください。ひとつだけです。

給料の額でもいいですし、同僚との仲の良さでもいい。もちろん仕事の内容でもいいです。

AD

 

たとえば、先輩に恵まれて職場の居心地がいいとします。でも仕事内容には満足いっていないし、給料も驚くほど安い。

 

さて、どうするか。

 

「先輩に恵まれていること」が譲れない条件なのだとすれば、先輩がいるまでその会社で頑張るべきです。

 

一方で、「仕事内容の満足度」を譲れない軸に据えるならば、転職を考えてもいいでしょう。

 

ひとつだけ「譲れない軸」を持っていればブレることはありません。なにかしらの軸を持っていないと、いつどこの会社に行っても、どんな仕事をしてもまた別の会社に行きたくなります。

 

私が新卒で入った会社は「仕事内容はつまらなかったけれども、先輩には恵まれている職場」でした。

 

そこで、「人間関係の良さ」を仕事に求めることにしました。

 

仕事はまったく楽しくないけど、先輩たちからは多くのことを学びました。 

 

なのに、先輩たちがどんどん辞めていったんです。笑

 

信頼していた先輩たちが続々と転職していき、職場環境が変わっていく。しまいには、所属していた新規事業部の売上が上がらず、分社化するなんて話も出てきた。

 

そんな状況だったので、私が譲れなかった「人間関係の良さ」がなくなっていきました。

 

給料や仕事内容、会社の雰囲気など、人間関係以外にはほとんど満足していませんでしたので、その会社にとどまる選択肢はありませんでした。

 

給料なんてほんと安かったです。でも給料が求めるものではないから、それは転職の理由にはなりません。

 

その会社に「人間関係」がなくなったからこそ、辞めたんです。

 

そして私は二社目の会社に転職することになりました。

 

仕事に対して求めるものをひとつだけ決めておくと、自分の中に基準ができます。そうなると、つらいことがあってもなんとなく許せてしまうという効果もありました。

 

「軸」に救いを求めればいいわけです。

 

「上司がおかしなことを言っているけど、先輩たちはわかってくれるから頑張れる」

 

そんな感じです。

 

この会社で一緒に働いていた先輩たちには、出会いから10年過ぎた今でもかわいがってもらっています。今思えば、入社式の翌日に会社を辞めなくてよかったと思っています。

 

まだ4月ですがさっそく会社を辞めたくなった新入社員の君へ。

 

会社に多くのことを求めるのではなく、自分の中で譲れないことをひとつだけ決めてみてください。

 

会社なんて君のことを守ってはくれません。笑

 

軸をひとつだけ決めて、「自分がこの会社を選んでいる」という主体的な気持ちを持ってください。

 

そうすると仕事に対する気持ちがちょっと楽になって、会社への足取りが少し軽くなるはずです。

 

★「はたらく」を考えるすべての人におすすめ★

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)

  • 作者: ほぼ日刊イトイ新聞,板尾創路,ピエール瀧,天久聖一,浜野謙太[SAKEROCK],金井壽宏,河野晴樹,しりあがり寿,みうらじゅん,矢沢永吉,糸井重里
  • 出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所
  • 発売日: 2010/04/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 54回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 

 

こちらの記事も読まれています

blog.psycholotips.net